MENU

クリエイターからゲーム利用まで余裕の対応!先進の装備が満載のYoga A940

Yoga A940の外観

Yoga A940は画期的なインターフェースを備えたオールインワンのデスクトップパソコンです。

 

27型4KのIPSワイド液晶を搭載したオールインワンで、ペン入力に対応したマルチタッチ対応で、接地面から25度までチルト可能なディスプレイ、付属のアクティブペンを使って
ペンタブレットと同じような使い方ができます。

 

レノボ独自ガジェットとして画面横にダイヤル式の「Lenovo Precision Dial」を採用、デザインソフトを操作する際に、このダイヤルを回ることでブラシの太さやパレットを選択できます。
Lenovo Precision Dialは左右どちらにも設置することができるので、利き手合わせた利用が可能です。

 

Yoga A940の主なスペック

OS:Windows 10 Pro 64bit(日本語版)

  • CPU:第9世代インテルCore i7-9700 プロセッサー
  • グラフィックス:AMD Radeon? RX 560 グラフィックス
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:2TB HDD+インテルOptane 16GB
  • ディスプレイ:27型 UHD IPS液晶(3840×2160ドット)
  • インターフェース1:USB Type-C 3.1 Gen2×1(Thunderbolt 3対応)、USB Type-C 3.1 Gen1×1、USB 3.1 Gen1×4
  • インターフェース2:USB 2.0×2、HDMI、RJ-45、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  • 付属品:ワイヤレスキーボード、ワイヤレスレーザーマウス 、アクティブペン、Lenovo Precision Dial
  • 本体寸法:約636×228×475mm
  • 本体質量:約14.6kg

革新的なオールインワンデスクトップPC「Yoga A940」を発表 より引用


Yoga A940の実売価格とクーポン情報/最安値は28万6千円 クーポン発行タイミング次第でさらに安くなることも!

Yoga A940はデザインを追求したオールインワンのデスクトップパソコンです。
CPUにもIntel第9世代を搭載しており、スペック的にも申し分ありません。

 

そんなYoga A940の販売価格ですが、直販モデルと量販店モデルがあります。
直販モデルはオープン価格で30万円程度の相場となっているようですが、量販店モデルはネット通販サイトによって価格が違っています。

 

発売当初のネット通販平均価格は31万5千円程度で、最安値は29万3千円ほどでした。
発売は2019年7月なので、2020年4月末現在では約9カ月経過したことになり、現時点でのネット通販を確認すると平均価格が30万円ちょうどぐらいで、最安値は28万6千円超となっています。

 

発売当初に比べると平均価格、最安値ともに1万円程度下がっていますので、お手頃な価格で購入できるようになっていると言えます。
いったん下がって横ばいになっているので、今後の価格推移はそれほど大きなものはないと考えられますが、変動があるかは注目したいところです。

 

ただスペックから見ても、28万を切るほど下がるとは思えません。
購入するなら28万円台であればスペックに見合った価格と言えるでしょう。
あとはレノボ直販サイトのモデルをクーポンやキャンペーンのタイミングを見て、安く購入するのも方法としてはあるでしょう。
もしかすると量販店よりも安く購入できるかもしれませんし、直販サイトモデルはカスタマイズすることもできるのがメリットとなります。

 

※Lenovo Yoga A940のクーポンはこちらから⇒レノボ クーポン入手ページ